PASONA Knowledge Partner

Language Japanese/ English

お知らせ

知的財産領域で知財管理・特許調査をおこなうパソナナレッジパートナーのお知らせ

『知財情報をベースにしたIPランドスケープ事例の紹介』のウェビナーを開催します

掲載日: 2021.10.04


業を取り巻く環境は複雑化・加速化し、経営者には的確かつ迅速な経営判断が必要となります。そのためには、公開・非公開を含む多種多様な情報から有益なものを選択して分析し、経営判断の根拠となる客観的なエビデンスが求められます。なかでも知財情報は、各企業の技術開発や商品に関する良質かつ有益な公開情報であることから、経営判断に知財情報を活用する一つの手法である「IPランドスケープ」に期待が高まりつつあります。

一部の企業では先進的な取り組みがなされている一方、「IPランドスケープを始めたいがどこから手をつければよいか」、また、「自社でIPランドスケープを導入したいがイメージがわきにくい」など、イメージと実態にギャップを感じている企業も多いと推察しています。

そこでこの度、パソナナレッジパートナーは、総合電機メーカーの事業を支えてきた経験をもとに「IPランドスケープとはどういうものか」に始まり、「基本的なフレームワーク」や「具体的な事例」をご紹介します。合わせて特許調査支援サービスを提供しているパナソニックソリューションテクノロジー様をお迎えし、分析の精度や効率を高める「PatentSQUAREの活用や独自指標」をご紹介いただくウェブセミナーを開催いたします。

これからIPランドスケープを始めたい方が、各企業の実態に合わせて第一歩を踏み出す一助となれば幸いです。

ご多忙とは存じますが、下記ご参照の上、万障お繰り合わせの上ご参加いただけますようお願い致します。

■ ウェビナー概要 ■
 知財情報をベースにしたIPランドスケープ事例の紹介
  ・IPランドスケープとは
      ・IPランドスケープの定義(概念)
      ・昨今の動向(IPランドスケープ協議会、プレスリリースなど)
      ・IPランドスケープを実施する際の要件
      ・IPランドスケープの主なフロー
  ・Patent SQUAREを活用したマクロ分析
      ・Patent SQUAREの特徴、機能紹介
      ・各種分析ツールとの連携とMap作成
      ・独自指標(KKスコア)の説明
  ・事例紹介
      ・なぜ特許情報を解析するのか(特許情報を活用するメリット)
      ・基本のフレームワーク(When、Where、Who、What、Why/How)
      ・事例紹介(KKスコアの活用)

■ 開催概要 ■
 ▽日  時:2021年10月20日(水)14:00~15:00
 ▽参加費用:無料(事前登録が必要です。)
 ▽対  象:これからIPランドスケープを始めたい方

■ ウェビナー講師 ■
  瓜田 公彦(パナソニックソリューションテクノロジー株式会社 知財ソリューション部)
  西原 和成(株式会社パソナナレッジパートナー 知財ソリューション事業部 部長)

■ お申込みについて■